生け花の魅力

日本の伝統的な芸術のひとつが、生け花です。
生け花は陶磁器などの器にさまざまな花や草木をいけて、その美しさを楽しむというものです。
日本ではたくさんの流派があり、スタイルや生け方、美意識などがそれぞれ異なります。

華道のはじまりは古く、その起源は室町時代だと言われています。
華道は聖徳太子ゆかりの土地として知られている六角堂で、池坊専慶によって確立されたと伝えられています。
この池坊専慶にちなんでつけられたのが、華道家元である池坊だと言われています。
生け花そのものはそれ以前からあったと言われ、平安時代に書かれた書物にその片鱗をうかがえます。

生け花の楽しさは、主役である花をどのようにして美しく活き活きと見せるかということにあります。
そのために花器や支柱、剣山などをうまくつかって、花をより美しく見せます。
生け花では花がまるで咲いているように、自然な状態を演出するのも特徴のひとつです。
花を飾る文化は世界各地でみられますが、そういった発想はあまりみられない、特徴的な文化と言えます。

生け花はさまざまな流派があり、格式高いイメージがつきまといます。
しかし一方で、個人の感性やセンスを反映しやすいという特徴があります。
そのため、実際に習い始めるとそれほどむずかしくないと感じる人も少なくありません。
このサイトでは生け花の魅力に触れるとともに、生け方の種類や流派について紹介します。
興味がある人はチェックしてみてください。

Copyright © 2014 日本の伝統生け花の楽しみ方 All Rights Reserved.